現在のページ:ホームVIプログラミング研究室>USBモーションコントローラ用VI

このページに直接飛んできた場合は→Love! LabVIEWトップページに戻る


DACS-2500-PMC6/PS5 USBモーションコントローラ用 インスツルメンツドライバ


ノートPCでステッピングモータやサーボモータの位置決め制御をしたいときに、NIにはUSBで制御できるモーションコントローラがありません。
Webで探したところ、ダックス技研さんのDACS-2500-PMC6が見つかりました。6軸の台形駆動ができ、リミットスイッチ入力や汎用DIO、ウォッチドッグも付いて1万円台と格安です。なんとディップスイッチ設定を変えればラインドライバ(差動)出力にもできるじゃありませんか!
NIのPCI/PXIボードのようにモーター駆動途中に目標位置や速度を変えられませんが、普通にサーボモータやステッピングモータを制御するには充分です。

こいつのUSBインタフェースは定番のFTDI製で、仮想COMドライバとダイレクトドライバが付属してます。LabVIEWから使うときにはどちらでもいけます。仮想COMドライバなら普通のシリアルポートとして認識されるので、VISAで制御できます。ダイレクトドライバのDLLをコールするのは多少面倒ですが、そのほうが性能が良いので、そちらを使うことにします。
制御コマンドもまずまず良くできているのですが、マイコン寄りで少々分かりづらいので、NI-Motionに近いパラメータで指定できるようにVIライブラリにしました。

"Copyleft"扱いでお願いします。全ては自己責任ということを承知の上なら商用利用も含め自由に使ってくださってかまいません。LabVIEW7.1.1JのVIですが、それ以降でも動くと思います。


VI Treeのダイアグラム(llbのトップVI)


ヘルプの例


制限または仕様

ダックス技研さんには了承をいただいています。ただし先方はVIにはノータッチです。この件についての問い合わせはしないようにお願いします。


ダウンロード

da25pmc6.zip(575kB)

解凍後、Readme.txtを読んで使用条件に同意の上、説明に従ってExample VIを試してください。


現在のページ:ホームVIプログラミング研究室>USBモーションコントローラ用VI