現在のページ:ホームVIプログラミング研究室>SCross2

バイスロープクロス点サーチ


波形データアレイのうち、最初に見つかったしきい値とのクロス点とスロープを求めます。インデックスの中間の場合は直線補間して推定X位置を算出します。

標準のThreshold 1D Array関数が案外使い物にならないので機能を強化しました。


入力

出力

ダイアグラムの解説

  1. 入力アレイをStart Indexで分割し、後ろを切り出します。
  2. しきい値を引き算します(後の判断を単純にするため)。
  3. 最初のデータがマイナスだったら(+)スロープの可能性があるので1D Threshold Arrayでゼロクロスを求め、Start Indexと足します。
  4. 最初のデータがゼロだったら、その点をクロス点とし、その次の点がプラスなら(+)スロープ、ゼロなら不定、マイナスなら(−)スロープとします。
  5. 最初のデータがプラスだったら(−)スロープの可能性があるので、アレイに−1を掛けてレベルを反転し、1D Threshold Arrayでゼロクロスを求め、Start Indexと足します。
  6. 結果が最後のインデックスであって最後のデータとしきい値が一致しない、または結果がアレイの長さより後ならば見つからなかったので、Not foundをTrueにします。

制限または仕様


ダウンロード

scross2.llb(31KB)


現在のページ:ホームVIプログラミング研究室>SCross2